企画展・調査研究

童謡・唱歌企画展

海を越えたメロディ

日本でこどものうたとして親しまれている曲でも、「山の音楽家」「小ぎつね」のように実は外国生まれの曲だったという作品が多くあります。今回の展示では、海を越えて日本に入ってきたメロディを中心に紹介します。

開催期間:2018年12月20日(木)〜2019年3月19日(火)
開催場所:わらべ館1階うたの広場
料金:入館料(一般500円、高校生以下無料)のみ

おもちゃとあそびの企画展

わらべ館恒例の干支の郷土玩具展、十二支のトリを務めるいのししの登場です。日本各地の張子や土鈴、その他、珍しい素材や作り方のいのししが揃います。

開催期間:2018年12月20日(木)〜3月10日(日)開館時間
開催場所:わらべ館3階ギャラリー童夢
料金:入館料(一般500円、高校生以下無料)のみ

特別展

生誕140周年記念特別展 岡野貞一の生涯とふるさと鳥取

鳥取市出身の作曲家 岡野貞一。今年生誕140年を迎えました。岡野貞一の生涯をパネルで紹介するほか、遺品の勲章や行李、岡野作品が掲載された教科書や童謡画集などを展示します。また、鳥取県でのこれまでの岡野貞一顕彰の取り組みについても紹介します。

開催期間:2018年4月7日(土)〜2018年4月30日(月・振替休日)
開催場所:わらべ館1階エントランスホール
料金:無料