いべんとほーる – 申込から利用まで

ご利用手順(申込から利用までの流れ)

  1. 利用希望日の空き状況の確認
  2. 利用申込書の提出
  3. 利用料納入請求書の送付
  4. いべんとほーる利用料金の納付
  5. 利用通知書の交付
  6. 利用
  7. 利用終了の報告(片付け確認)
  8. 設備・冷暖房利用料金の精算

いべんとほーる(以下「ホール」)のご利用にあたっては、次の事項にご注意いただき、所定の手続きなどを行ってください。

利用申込

  1. 申込み受付できる日及び時間
    わらべ館の開館日の午前9時~午後5時
    (この時間以外は、ホールの空き状況についてのお問い合わせもお受けしておりません)
    休館日は、毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始(12月29日~1月1日)です。その他、施設や設備の保守点検等のため臨時に休館することがあります。
  2. 申込方法
    利用者(又は責任者)が所定の利用申込書に必要事項を記入して申し込んでください。利用申込書は、わらべ館にあります。なお、遠隔地の方は郵送でもお受けしますので、ご相談ください。以下、各種申込書、届出書についても同様です。
  3. 申込受付開始
    利用日の1年前午前9時から受付けいたします(9時の時点で申込み複数の際は、その場で抽選)。
    例:利用日が平成24年7月7日の場合→平成23年7月7日午前9時から受付開始
  4. 申込受付期限
    利用日の7日前の日まで受付けいたします。
    例:利用日が平成23年7月7日の場合→平成23年6月30日まで受付
  5. 仮申込
    電話等での仮申込みもお受けしています。ただし、仮申込みしてから10日以内に利用申込書の提出がないときは、自動的にキャンセルとなります(電話等での仮申込みができる期間は、前記3よりも10日後からの受付開始となり、利用日の17日前までに受付締切りとなります)。

利用料金の減免

  1. ホールをもっぱら練習や準備のために利用される場合は、ホールの利用料(設備利用料は含まれません)が半額免除になります。
    利用申込みの際に利用料金減免申請書を併せて提出してください。(減免の対象となる練習、準備は、当ホールで本番をされる場合の練習、準備をいいます)
    例:全日利用で、午前中に会場準備とリハーサルを行ない、午後から本番をされる場合は、午前の相当料金が半額免除になります。
  2. 障がい者及び要介護者等並びにその介護者が利用される場合は、ホールの利用料(設備利用料は含まれません)が利用内容・利用人数にともない減免されます。
    1)参加者が特定されているとき
    例:団体、グループ等の会議、研修会、大会等

    • 参加者全体に占める障害者等及びその介護者の割合が1/2以上のとき(全額免除)
    • 参加者全体に占める障害者等及びその介護者の割合が1/2未満のとき(半額免除)

    2)参加者が特定されていないとき
    例:コンサート、展示会、講演会等(全額免除)

その他の手続

  1. 物品販売届出書
    ホール内で催物に関係した物品を販売されるときは、あらかじめ所定の物品販売届出書に必要事項を記入して提出してください。
    販売にあたって官公署等の許可が必要な物品は、通知書等の写しを添えて提出してください(物品とは、書籍、CD、その他のものをいい、当該催物の当日入場券類は除きます)。
  2. 飲食行為届出書
    やむを得ずホール内での飲食が必要なときは、あらかじめ職員に相談のうえで、所定の飲食行為届出書に必要事項を記入して提出してください(催物の運営上、支障をきたすと認められた場合のみ許可いたします)。
  3. 利用の辞退
    本申込みの成立後に、ホールの利用を辞退(キャンセル)される場合は、必ずご連絡ください。
    利用日の7日前の日までに利用辞退届出書を提出いただける場合は、利用料の半額を振込により還付します。